« Over The Fantasy | トップページ | マビノギ戦闘講座(初級編)Part2 »

気付いたらマビノギ戦闘講座に・・part1~近接編~

さて、早く起きてなんかするとか言いながら昼過ぎに起きました。

特にやることやらず気付いたらこの時間。どうしたもんでしょうかw

久々にマビを遅くまでやってたもんですから。

アドバンス回収のみしようとしたら最近入った新規さん(友人のリアルフレンド)と遭遇したのでついでにみっちりとしごいて来ました。

マビの戦闘システムは慣れないと本当に厳しいので、ここをうまく乗り越えればあとは何処にでもいけるんですよね。

・・せっかくなのでマビノギ戦闘講座(我流)でもしてみますか。。(ぉ

まあwikiとか他の攻略サイトでもわかりやすいところたくさんあると思うんですけどね。ええ、自己満です。はい。自分のスキルが何処まで通用するのか、気になるところなので。まぁ、やり方は人それぞれですけどねw

ではさっそく。

 

~近接戦闘編~

※遠距離戦闘(主に弓)は、最初は正直お勧めできないのでカットで。

まずは近接スキルの説明を。

主なスキルは以下4つです。コレが無いと話にならないっす。

・アタック ・ディフェンス ・カウンター ・スマッシュ ・IB(アイスボルト)※魔法

※IBは近接スキルではないですが、ほぼ必須と言えるスキルなので挙げました。

スキルの入手法については省きます。

近接戦闘を円滑に進める為に、それぞれの特性を掴んでおかなければなりません。

簡単に言うとジャンケン方式です。

アタック>スマッシュ、スマッシュ>デフェンス、デフェンス>スマッシュ

コレをよく覚えておきましょう。※超重要!

カウンターが無い?カウンターはアタック、スマッシュのどちらにも通用しますので万能スキルとも言えます。ちゃんと崩す方法もあるのでそれは後ほど。

 

さて、次は実際に使ってみましょう。といっても実際にやるわけではないので・・

敵がスキルを発動してきた時の対処法とでも言いますかね。

まずゲームを始めた時は「ティルコネイル」(人間、ウルラ大陸スタートの場合)という町にいます。

町のすぐ下に狼がたくさんいる広場があります。(狼広場)まずは灰色オオカミから逝きましょう。

オオカミ系の戦闘AIはほぼ共通なので、基本的な戦闘方法が見につけられます。

オオカミの使用スキルは上記に挙げた近接スキルしか使ってきません。魔法は使ってきません。

まずは普通に攻撃(アタック)を仕掛けます。

そうするとオオカミがひるんで後にザザーッって感じになります。これを「のけぞり」といいます。そうするとオオカミのターン。この後のオオカミの行動パターンは以下の様になります。

1、そのままつっこんでくる。→アタックを仕掛けてくる

2、光った後に、周りを歩きまわる。→ディフェンス発動中。

3、光った後に、突っ込んでくる。→スマッシュ発動中。

この3パターンになります。

まず、1の場合。

相手はアタックを仕掛けてきているので、上記に挙げたジャンケン方式に当てはめるとディフェンスで防ぐ事が出来ます。もしくはカウンターでも可。ここではあえてディフェンスで行きます。そしてディフェンスで防いだ後は、再度アタックを仕掛けて倒します。多分今のマビならこの工程で灰色くらいなら倒せると思うんですよね。二刀流の場合ですけどね。多くても3ターンで多分いけるかと。

さて、こう言うと簡単な事に見えるのですが、実際やってみると結構難しいのですよ。このオオカミさん足が結構速いので、スキルが発動しきる前に攻撃を喰らってしまう事があります。そう、スキル発動までのラグがあるのです。なので、スキル発動のタイミングが重要となります。

しかし初心者は、このスキルの発動に手こずります。この場合だとディフェンス発動に間に合わずフルボッコ。そのままテンパって何も出来なくなり「デデーン・・」悲しい音楽が流れます。(死)

そうならない為に、ここでしっかりと覚えましょう。

 

と、思ったのですが・・時間がw

誰も期待していないマビノギ戦闘講座(初級編)続きは後でw

ノシ

|
|

« Over The Fantasy | トップページ | マビノギ戦闘講座(初級編)Part2 »

マビノギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1028577/28847688

この記事へのトラックバック一覧です: 気付いたらマビノギ戦闘講座に・・part1~近接編~:

« Over The Fantasy | トップページ | マビノギ戦闘講座(初級編)Part2 »